健康レシピ&ダイエット

花粉症対策スイーツレシピ 「キウイのヨーグルトミニパフェ」

印刷する

監修:管理栄養士 石川 有子

最後の切り札は、甘酸っぱくておいしいパフェ!?

花粉症の方は、毎年そのつらさが身にしみてわかっているだけに、医療機関で治療する以外にも、服装や生活上の工夫、食事などさまざまな対策を取られている方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する花粉症対策レシピは、なんとスイーツ、「キウイのヨーグルトミニパフェ」です。食後のデザートとしてはもちろん、朝食や間食にもピッタリです。

花粉症には、ビタミンCと乳酸菌で対抗!

キウイは果物の中でも、ビタミンCの含有量がトップクラス。ビタミンCは活性酸素を抑制し、炎症(アレルギー症状)を起こすのを防ぎます。ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいため、調理する場合には工夫が必要ですが、キウイは生のままで食べられるので、その心配が少なくてすみます。
またヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内にいる細菌バランスを改善して免疫力を高め、花粉症の症状を抑えるといわれています。カルシウムの吸収率が牛乳より高いのも、うれしいポイントです。

オススメレシピ

キウイのヨーグルトミニパフェ73Kcal(1人分換算)

材料(4人分)
プレーンヨーグルト160g
キウイ1個
コーンフレーク20g
メープルシロップ小さじ4
  1. 1

    キウイは食べやすい大きさに切ります。

  2. 2

    小さめのグラスなどにコーンフレークを敷き、その上にプレーンヨーグルト、(1)をのせ、コーンフレークを飾り、メープルシロップをかけます。

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。