健康レシピ&ダイエット

体を温めるレシピ「豚肉のサラダ・ピリ辛ソース添え」

印刷する

監修:管理栄養士 長井 知恵美

冷え症にはツラい!夏のエアコン事情

夏を快適に過ごすためだけでなく、熱中症対策としても、エアコンは欠かせない存在です。しかし、自分で温度設定ができない公共の場などは特に、エアコンが効きすぎて手足だけでなく体まで冷えてしまうことがあります。重ね着をしたり、ひざ掛けを利用したりすることもできますが、やはり体の内側から温まりたいもの。今回は、体を温める栄養成分が豊富な、冷え症から体を救うレシピ「豚肉のサラダ・ピリ辛ソース添え」をご紹介します。

代謝アップと血流の改善で冷え対策

豚肉には、基礎代謝を活発にして体を温めるビタミンB1、ナイアシン、脂質、たんぱく質、ビタミンB6が多く含まれています。これらの栄養成分は、夏バテなどによる疲労の回復にも役立ちます。
長ねぎと豆板醤のソースに含まれる辛味成分は、体を直接温める作用があり、また血管を広げる作用もあります。血管が広がると、血液の循環がよくなり手足などの末端にも血液が行き届き、内臓の働きも活発になるため、体が温まります。
ごま油に含まれるビタミンEにも、血流を改善する働きがあります。
※ピリ辛ソースは万能調味料で、豚以外の肉、魚、冷奴などにかけてもおいしくいただけます。

オススメレシピ

豚肉のサラダ・ピリ辛ねぎソース添え288Kcal(1人分換算)

材料(2人分)
豚ロース肉(しょうが焼き用)100g
少々
こしょう少々
片栗粉適量
サラダ油適量
長ねぎ1/2本
レモン1/4個
ごま油大さじ1
豆板醤(トウバンジャン)小さじ1
(A)合わせ調味料
  • ・しょうゆ大さじ1
  • ・酢大さじ1
  • ・砂糖大さじ2/3
ベビーリーフ30g
ミニトマト6個

  1. 1

    豚肉は3~4cm幅に切り、塩、こしょうをして片栗粉をまぶします。フライパンにサラダ油を入れ、こんがりと焼きます。

  2. 2

    長ねぎはみじん切り、レモンはくし形に切ります。

  3. 3

    フライパンにごま油と豆板醤を入れて弱火にかけ、炒めて香りを出します。長ねぎを加えて強火でサッと炒め、合わせた(A)合わせ調味料を加えてひと煮立ちさせ、火を止めます。

  4. 4

    器にベビーリーフ、ミニトマト、レモンを盛り、(1)の豚肉をのせて(3)のソースを添えます。

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。