病気と医療の知って得する豆知識

大人になってから突然、発症することも 成人ぜんそく

印刷する

「喘息(ぜんそく)」といえば、子どもの病気というイメージが強いもの。しかし、大人になって発症することも多いのです。治療法の改善などで窒息死にいたる数は減りましたが、ぜんそくは死を招くこともある病気です。大人のぜんそくについて、帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー学教授の大田健先生にお話をうかがいました。

原因と症状

気道(気管支)が炎症を起こし、空気の通りが悪くなる

ぜんそくは、空気の通り道である気道(気管支など)に炎症が生じて気道の粘膜がむくむことと、気道の周りの筋肉(平滑筋)が収縮することで気道が狭くなり、空気の通りが悪くなる病気です。炎症をくり返すと気道そのものが「過敏」になるため、冷たい空気やダニなど外からの刺激に敏感に反応し、ぜんそく発作を起こしてしまいます。

発作の程度は軽い咳や「ぜーぜー、ひゅーひゅー」という独特の呼吸音を伴う呼吸困難、重症の場合は気道がふさがって窒息死という事態を招くこともあります。

「アレルギー性疾患」のイメージが強いぜんそくですが、20代以降に発症する「成人ぜんそく」の半数以上は「非アトピー型」といわれ、気道の炎症に体質やストレスなど様々な要因が関係して発症するので、まさか自分がぜんそくとは思わず受診が遅れることもあるようです。

風邪の後で咳がなかなか治まらない、運動をすると息苦しい、早朝や夜間に咳き込むような症状が続く場合は呼吸器内科を受診してみましょう。

治療方法とセルフケア

ぜんそく治療のゴールは、ふつうに日常生活が送れること

ぜんそく治療のゴールは、発作を気にせず健康な人と同じ生活を送れること。 現在、ぜんそくの治療方法は気道の炎症や症状を抑え、発作を予防する薬(コントローラー)と、発作の時に狭くなった気道をすばやく拡げる薬(リリーバー)の2つを組み合わせる方法が一般的です。

コントローラーは症状がなくても、毎日決められた回数と量を規則正しく服用することが大切です。きちんと服用すれば発作の回数も減り、生活への影響も少なくなるでしょう。症状が軽減されれば薬を減らせるかもしれません。 しかし、自分の判断で薬を止めたり服用が不規則になると、急激に悪化することがありますので注意が必要です。

実際、治療法の普及とともにぜんそく死は確実に減っている一方で、つい服用を怠りがちな軽症例の患者さんが急死する事態は多くあります。ぜんそく治療では、患者さん本人の自覚による発作予防が一番の薬なのです。

セルフケアで”ぜんそく予防!”

薬の規則的な服用で発作を予防することは当然として、そのほか、自分でできる予防策には以下のようなものが挙げられます。

まず、春先に花粉症を起こすのであれば、その治療も怠らないこと。 また気温の変化が激しいので、風邪を引かないように急な冷え込みに対応できる服装を心がけましょう。マスクやうがい、手洗いも大切です。 さらに新年度から大きく環境が変わる方は、ストレスや疲労からぜんそく発作を起こしやすいので、意識して休息をとると良いでしょう。

実は重いぜんそく発作の3大原因は「風邪、過労、ストレス」。何かとせわしない春先ですが、十分に睡眠をとり規則正しい食生活を心がけましょう。

ぜんそくのセルフケア(春先編)

  • 花粉症の人は、その治療も怠りなく。
    花粉症の人は、その治療も怠りなく。
  • マスク、手洗い、うがいで風邪を予防しましょう。
    気温の変化にそなえた服装を心がけましょう。
  • 気温の変化にそなえた服装を心がけましょう。
    マスク、手洗い、うがいで風邪を予防しましょう。
  • ストレス解消と疲労回復のために早寝早起き。
    ストレス解消と疲労回復のために早寝早起き。
イラスト/ワタナベモトム

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。