????

健康レシピ&ダイエット

心を安定させるレシピ「ゆで豚ねぎみそソース」

印刷する

監修:加茂登志子(東京女子医科大学附属女性生涯健康センター所長)
栄養計算・アドバイザー:清水紀子(管理栄養士)

神経伝達物質の不足で不調に

うつ病には、脳の神経細胞のネットワークが関わっています。そのネットワークをスムーズに働かせるのが「セロトニン」などの神経伝達物質です。うつ病は、ひとことで言うと、神経伝達物質が不足がちになることで情報伝達に支障が起きた状態です。 その結果、自律神経や感情、睡眠、食欲などに影響が出て「寝つけない」「食欲がない」など、心身の不調となって現れるのです。

原料のトリプトファンを摂る

不足しているセロトニンを作るには、まずその原料を補給すること。原料となる必須アミノ酸の「トリプトファン」は、肉類に多く含まれます。また豚肉に豊富なビタミンB1も、不足するとうつ症につながるとされる栄養素です。 調子のよくないときでも食べやすい、さっぱりしたレシピをご紹介します。みそ味がきいたソースでいただいて。ソースのねぎに含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収をアップさせます。

オススメレシピ

ゆで豚ねぎみそソース202kcal(1人分換算)

材料(2人分)
豚ヒレ肉1/2本(200g)
スナップえんどう100g
万能ねぎ(小口切り)20g
大さじ3
(A)
  • ・みそ大さじ2
  • ・水大さじ1
  • ・酢大さじ1
  • ・サラダ油小さじ1
  1. 1

    豚肉は塊のまま小鍋に入れ、かぶるぐらいの水(分量外)と酒を入れて火にかける。煮立ったらアクを取りながら7~8分煮る。竹串をさして透き通った肉汁になったら火を止め、そのまま冷ます。

  2. 2

    スナップえんどうは、すじを除いてゆでる。

  3. 3

    Aをよく混ぜ、万能ねぎを加える。

  4. 4

    豚肉を食べやすく切り、スナップえんどうと盛りつけて、3をかける。

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。