病気と医療の知って得する豆知識

夏にも多い脳梗塞

印刷する

心臓病や全身血管病は、冬に多い病気とされています。しかし、脳梗塞は夏にも多いのをご存知でしょうか。夏は汗をかいて水分不足になりやすく、血液もドロドロしてくるのが大きな原因です。本格的な夏を迎え、脳梗塞をどのように予防すればいいのか、ゆうあいクリニックの小澤幸彦院長に伺いました。

原因と症状

脳の血管が詰まる2つのタイプに注意

脳梗塞は、脳の血管に血栓(血の塊)が詰まって血流が途絶え、脳の組織が壊死していく病気で、大きく3つのタイプに分けられます。
1つは、脳の細い血管に動脈硬化が起こって詰まる「ラクナ梗塞」。
2つめは、脳の太い血管に血栓ができて詰まる「アテローム血栓性脳梗塞」。アテロームとは、血液中のコレステロールなどが血管壁に入り込んでできた、粥状の塊のことです。
3つめは、心臓の血管内にできた血栓が脳に飛んで詰まる「心原生脳塞栓症」です。
このうち、ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞が、夏に多くなります。

脱水が脳梗塞の大きな原因

ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞が夏に多くなる大きな原因は、脱水です。気温の上昇により、汗をたくさんかくと、血液中の水分量が不足します。すると、一般的にいう血液がどろどろの状態になり、血栓ができやすくなるのです。
また、夏は体の熱を放出しようとして血管が拡張しやすくなります。健康な状態であれば問題はありませんが、体の調節機能が低下している高齢者などの場合、これが脳梗塞の原因になります。血管が拡張すると、血流が遅くなるのですが、ゆっくり流れているうちに血液内の成分が固まりやすくなり、血栓ができて血管の詰まりにつながるのです。

手足や顔のまひは前触れ

脳梗塞の前触れとしては「一過性脳虚血発作」が知られています。一過性脳虚血発作とは、脳の一部の血流が一時的に悪くなることで起こる、半身の運動まひなどの症状です。
しかし、症状は数分から長くても24時間以内に完全に消えてしまいます。具体的には、片側の手足や顔のまひ・しびれ、ろれつが回らない、言葉が出ない、片方の目が見えにくいといった症状です。こうした症状は一過性脳虚血発作ではない場合でも起こることがありますが、念のため、必ず医療機関を受診してください。

治療法とセルフケア

こまめな水分補給が大事

夏の脳梗塞対策は、水分補給が第一です。のどが乾いたときには、すでに脱水が始まっています。のどの渇きを感じる前に、水分をとることが大事です。特に高齢者はのどの渇きを感じにくくなっているので、1~2時間に1回と時間を決めるなどして、定期的に水分補給をしてください。
また脳梗塞は、水分不足になりやすい睡眠中と、起床後に発症しやすくなります。寝ている間、人は500mlくらい汗をかいているといいます。就寝前と起床後は、コップ1杯ほどの水分補給をしてください。
なお、緑茶などカフェインの入った飲み物は利尿作用があるので、逆に水分を排出してしまいます。飲むのは水のほか、カフェインの入っていない麦茶もおすすめです。
ビールなどのアルコールも利尿作用があり、脱水の原因となるので、飲酒後は必ず水分を補給してください。

エアコンの部屋は要注意

エアコンによる乾燥も要注意です。冷房の効いた室内は意外なほど乾燥しており、体内から少しずつ水分が奪われていきます。そのため、気づかないうちに脱水状態になることがあります。室内にいるときでも、こまめに水分を補給するようにしましょう。また、夏風邪などによる下痢も脱水の原因になるので、下痢のときも水分補給に気を配ってください。

生活習慣病や肥満の改善を

夏に限ったことではありませんが、脳梗塞の背景には動脈硬化が潜んでいます。動脈硬化を進行させるのが高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病と肥満です。
特に血圧が高いと、血管には常に大きな圧力がかかります。すると、血管壁が傷つくなどして動脈硬化が促進します。
そのため脳梗塞を防ぐには、生活習慣病対策も必須です。肉の脂身などの動物性脂肪は、血液をドロドロにしやすくするので控えるなど、食生活を改善しましょう。適度な運動も日課にし、生活習慣病や肥満の改善に努めて。また、過度な飲酒は慎み、喫煙者は禁煙を心がけてください。

症状が現れたら即病院へ

手足や顔のまひなどの一過性脳虚血発作の症状が出たら、脳梗塞の前触れである可能性があります。そのため、なるべく早く医療機関の受診が必要です。
脳梗塞は発症から時間が経つほど、半身のまひや言語障害などの後遺症が残りやすくなります。しかし、発症から4時間半以内に血栓を溶かす治療を行うか、8時間以内にカテーテルで詰まった血管を再開通させる手術を行えば、後遺症が軽減する可能性もあります。時間との勝負だということを覚えておいてください。

【小澤幸彦先生プロフィール】
医療法人社団ゆうあいクリニック院長・医学博士
旭川医科大学医学部卒業後、横浜市立大学医学部附属病院等に勤務。2005年、生活習慣病の早期発見に取り組む、ゆうあいクリニック院長に。脳梗塞などの病気を未然に防ぐ治療や、生活習慣改善の指導に取り組んでいる。

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。