不調改善ヘルスケア

お手軽に風邪予防 鼻うがいのススメ

印刷する

あんなに暑かった日々はどこへやら、日中の陽射しに心地よさを感じたりもしますが、朝晩はすっかり涼しくなってきました。これからは、涼しさよりも「寒さ」が強まってきます。こうなってくるといよいよあの季節、「風邪の季節」の到来です。

寒くて乾燥しがちな冬は、風邪予防がとても大事!

冬の訪れを感じるようになる要素には、大きく2つあります。1つは気温、1つは湿度です。
体感温度が「涼しい」から「寒い」に変化してくると、厚めの上着を出したり、家の中に暖房器具を用意しますよね。
では、湿度の変化はどうでしょうか。
湿度が低くなってくると、常に外気と接している顔や手などが肌荒れを起こします。女性は特に気になるところかもしれません。しかし、乾燥は顔や手以外にも、影響を及ぼしています。それはのどや鼻などの不調です。こうした器官もやはり乾燥しやすくなるのです。
わたしたちが「風邪」と呼んでいる病態のほとんどは、上気道(=鼻~口・のどまでの範囲のこと) が、ウイルスなどに感染することによって起こります。症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳や痰、発熱などがあり、正確には「風邪症候群」といいます。
乾燥や低温の環境は、特にウイルスの活動や飛散を活発にします。さらに乾燥によって、ウイルスが地面に落ちるまでの速度がゆっくりになることで、ヒトはそのウイルスを吸い込みやすくなってしまいます。さらに、のどの粘膜は、乾燥によって炎症を起こしやすくなり、病原体から防御する力が弱くなってしまうのです。
風邪は年中いつでも発症しますが、暖房の影響もあり、乾燥が進むこの季節は、特に積極的な予防が必要になってくるのです。

のどの不調、どうすれば良い?

風邪をひかないようにするには、手洗いやうがいをこまめに行い、衛生的な生活を心がけることが重要です。バランスの良い食事や十分な睡眠など、日ごろから免疫力を高める努力も大切です。免疫力が高ければ、ウイルスや細菌に感染しても、軽症で済むことが多いのです。
そうは言ってもかかってしまうのが風邪というもの。のどの違和感や、ちょっとした痛みなど、「あ、これは風邪をひいたかな」と感じたときに有効な対策としておすすめしたいのが、「鼻うがい」です。
鼻うがいとは、鼻の中に生理食塩水を入れて異物を洗い流す方法のことです。異物とはウイルスやほこり、花粉や細菌のことを指しています。鼻うがいは、こうした異物を直接洗い流すうがい法です。
「のどなのに鼻をうがいするの?」と思いましたか?
たとえば、鼻づまりが続くと口呼吸になるため、のどを痛めてしまい、風邪をひきやすくなります。また、鼻水の一部がのどに流れてしまう「後鼻漏」という症状は、のどの不快感やのどや気管を刺激して、咳の原因になることもあります。
このように、のどと鼻はつながっていて、密接に関係しているのです。

正しい鼻うがいで、お手軽に風邪予防!

鼻うがいは、ウイルスなどの異物や溜まった鼻水を洗い流せたり、鼻の粘膜を湿らせておくことで鼻腔内の乾燥を防ぐことができ、ウイルスの侵入を防ぐこともできます。

ただし、効果をしっかり出すには、適切な濃度・温度の食塩水を使用することと、正しい方法で行う必要があります。誤った方法はかえって症状を悪化させたり、別の症状をひき起こすこともあります。
市販品で専用の器具がありますので、そういったものを利用すると安心かもしれません。

鼻うがいのやり方と注意

1.生理食塩水を使用する(濃度0.9%、40℃)
※沸騰したお湯1リットルに9gの塩を溶かし、40℃くらいまで冷ます(沸騰していない水道水は雑菌の繁殖リスクと、塩の溶け残りがあるため、使用しないこと)
2.ゆっくりと鼻から洗浄液を注入する
※この時、唾液や洗浄液を飲み込まないようにする。洗浄液が耳管に入り中耳炎を起こすことがあるため注意する。勢いよく注入すると、鼻の粘膜を傷つけることがあるため、水圧にも注意する。
3.鼻腔に水分が残っていないことを確認する
※水分が残っている状態で鼻をかむと、中耳炎の原因になる
4.1日3回程度にする
※やりすぎは逆効果で、鼻の粘膜を傷つけてしまう可能性がある。

鼻うがいは、慣れるまでは鼻の奥にツンとした痛みを感じたり、むせてしまうことがあります。しかし慣れてくると、意外とスッキリして、気持ち良さを感じるかもしれません。
これかの季節、風邪やインフルエンザなどの予防に向け、鼻うがいを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

この記事はお役に立ちましたか?

関連記事はこちら 関連記事はこちら

クリップ一覧に保存しました。